column
おっぱいの神様コラム

バージスラインとは?バストアップのプロが分かりやすく解説

美乳のカギとなる「バージスライン」をご存じでしょうか?

バージスラインとは、バスト下部の円周のカーブのこと。このバージスラインがくっきり目立つとバストが際立って美しく見えます。

またバージスラインが狭いと立体的でボリュームのあるバストになり、バージスラインが広いとバストトップの位置が低く胸の谷間もできにくくなります。

つまり、ボリューミーな美胸を作るにはバージスラインを狭くすることが重要です。

本記事では、バージスラインを狭くして美しいバストを作る方法をまとめていますので、美胸になりたい方はぜひ参考にしてみてください。

まずはバージスラインについて詳しく見ていきましょう。

バージスラインとは

バージスラインとは、バスト下部とボディの境目にある曲線ラインのことを指します。簡単に言うとブラジャーのワイヤーが当たる下胸のラインです。

バージスラインがくっきり目立つバストは上向きでハリがあり、丸みのある美しいバストスタイルができています。一方で、バージスラインがぼんやりとしていると、ハリがなく下垂や型崩れが顕著になりがちです。

バージスラインはバストの輪郭なので、美バストを作る上で重要なポイントとなります。

バストの美しさはバージスラインで決まる

バストの美しさはバージスラインで決まる

バストの美しさはバージスラインで決まります。

たとえバストのサイズが小さくても、バージスラインが狭くてくっきりと存在していると、バストが際立って美しく見えるのです。反対に、バージスラインが広くてぼんやりとしていると美しいバストから遠ざかってしまいます。

バージスラインは「狭い人」と「広い人」に分けられますが、それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

バージスラインが狭い人の特徴

以下に当てはまる方は、バージスラインが狭いといえます。

  • バストトップの位置が高い
  • トップが上向きになっている
  • 横から見るとバストに膨らみがある
  • ボリュームが出やすく谷間を作りやすい
  • 重みでバストが下に垂れやすい
  • フルカップなどカップが深いブラのほうが合う
  • アンダーバストの幅が狭い

バージスラインが狭い人はブラジャーをつけた時にバストが中央に集まりやすく、綺麗な谷間を作りやすいのが特徴です。アンダーバストに合ったブラジャーを選ぶとバストがカップ内におさまりきらないこともあります。

バージスラインが広い人に比べると立体的なバストとなるため、バストサイズに関係なく美胸になりやすいです。

バージスラインが広い人の特徴

以下に当てはまる方は、バージスラインが広いといえます。

  • 平胴(横から見た時に薄く感じる体型)の人
  • バストが離れている
  • バストに高さや丸みがない
  • 横から見るとバストに膨らみがない
  • バストの脂肪が脇に流れやすい
  • アンダーバストの幅が広い
  • アンダーバストに合ったブラを選ぶとカップが余る

バージスラインが広い人はハリがなく胸と体の境目もぼんやりとしている傾向にあるため、ブラジャーのワイヤーがバストの上に乗ることがあります。

いつもブラジャーがパカパカと動いてしまう方や、ずり上がってしまう方は、バージスラインが広く、バストが全体的になだらかになっている可能性があります。

バージスラインが広いと、実際のカップ数よりも小さく見えたりバストの脂肪が脇に流れやすくなったりするため、当てはまる方はこの後ご紹介するバージスラインを狭くする方法を取り入れてみてください。

日本人はバージスラインが広い人が多い

日本人には胴が平たい「モンゴル体型」が多い傾向にあるため、日本人女性の多くはバージスラインが広がりやすいとされています。

胴が平たいと、それに合わせてどうしてもバージスラインが広がりやすくなってしまうのです。

特徴
モンゴル体型
  • 胴体に厚みがなくバストに厚みが出にくい
  • 胴体に幅がありバストが離れやすい
  • バスト上部のデコルテが削げやすい
欧米体型
  • 胴体に厚みがありバストに厚みが出やすい
  • 胴体の幅が狭くバストが中央に寄りやすい
  • バスト上部のデコルテにボリュームがある

日本人は遺伝子的にもバージスラインが広くなりやすいので、バストケアをしっかりおこなうことが大切です。

バージスラインの広がりを加速してしまう原因

バージスラインが広がってしまう理由は骨格だけではありません。以下4つの原因も考えられます。

  • 胸を支える大胸筋の衰え
  • 胸を支えているクーパー靭帯が伸びてしまう
  • バストが脇や背中に流れている
  • 痩せ型で脂肪が少ない

それぞれ解説していきます。

胸を支える大胸筋の衰え

大胸筋とは前胸部に位置する厚い扇状形の筋肉で、バストの土台となる大事な筋肉ですが、加齢や運動不足により大胸筋が衰えるとバージスラインが崩れやすくなります。

大胸筋は普段ほとんど使われない筋肉ですので、意識してトレーニングすることが大切です。

胸を支えているクーパー靭帯が伸びてしまう

クーパー靭帯が伸びてしまうことも、バージスラインが崩れやすくなる原因の一つです。クーパー靭帯とは脂肪や乳腺を支えているコラーゲン繊維で、一度伸びてしまうと修復するのが困難とされています。

ノーブラで過ごす時間が長い方や激しい運動をよくおこなう方は、クーパー靭帯が伸びやすいため注意が必要です。

バストが脇や背中に流れている

バストの脂肪はとても柔らかく、ノーブラで過ごしたり間違ったブラジャーのつけ方をしていたりすると脇や背中、お腹へと流れてしまいます。

胸と体の境目もあいまいになり、バージスラインが広くなってしまうのです。

痩せ型で脂肪が少ない

バストは脂肪が約90%以上を占めますが、痩せ型で脂肪が少ない方はバージスラインが作りにくいです。極端な食事制限や激しい運動などは美胸から遠ざかってしまうケースも多いため、無理なダイエットはしないようにしましょう。

バージスラインを狭くして美しいバストを作る方法7選

バージスラインを狭くして美しいバストを作る方法7選

それでは、バージスラインを狭くして美しいバストを作る方法をご紹介します。立体的な美胸を目指す方は、次の対策を試してみてください。

  • 大胸筋を鍛える
  • 猫背を改善する
  • 補正力のあるブラを正しく付ける
  • 就寝時はナイトブラを着用する
  • バストマッサージをする
  • 食生活を見直す
  • バストアップエステを受ける

それぞれチェックしていきましょう。

大胸筋を鍛える

バストの土台となる大胸筋を鍛えてバストを引き上げていきましょう。

大胸筋が鍛えられると、胸が持ち上がってバストアップ効果が期待できるだけでなく、バージスラインもはっきりとしてきます。具体的な方法は次のとおりです。

【合唱のポーズ】

  1. 胸の前で両手を合掌(肘から手首までのラインが水平になるように)
  2. 胸の前でぐっと両手を強く押し合わせて10秒間キープ
  3. 力を緩めながら腕を前に伸ばしてリリース

 ※1〜3の動作を10〜15回ほど繰り返します。

【腕立てふせ】

  1. 肩幅程度の広さに手を広げて腕立ての体勢になる(膝だけつけて足は浮かせる)
  2. 肘を曲げて限界まで下げたら3秒キープ
  3. 手のひら全体で押し上げてリリース

 ※1〜3の動作を10〜15回ほど繰り返します。

効果を実感するまでには個人差がありますが、2週間程度が目安です。最低でも2週間は毎日続けてみましょう。長く続ければ続けるほど効果が期待できるため、その後も習慣化することをおすすめします。

猫背を改善する

猫背はバストの下垂や型崩れにもつながるため、正しい姿勢を心がけましょう。猫背になると血行不良を引き起こし、バストの成長に必要な栄養が運ばれにくくなるのも猫背を改善した方がいい理由の一つです。

下垂や型崩れに加えてハリがなく形の悪いバストになってしまい、バージスラインもどんどん広がってしまいます。

バージスラインを狭くして美しいバストを作るためには、いつも背筋を伸ばして美しい姿勢を保つことが大切です。正しい姿勢を維持するのが辛い方は、体幹トレーニングも取り入れてみましょう。

補正力のあるブラを正しく付ける

バストの脂肪が脇や背中に流れるのを防ぐために、補正力のあるブラジャーをつけましょう。補正力のあるブラジャーはホールド力が高く、バストの脂肪を逃すことなくカップの中におさめることができます。

また、ブラジャーはバージスラインに合わせたものを選んでください。カップ数とアンダーラインだけで選ぶとフィットしない可能性もありますが、その場合は高さがない浅めのカップでしっかりフィットするものがおすすめです。

しっかりフィットするブラジャーを選べば、胸を自然に中央に寄せてバージスラインを狭くする効果が期待できます。

こまめにバストの脂肪をカップの中に入れ直すことも大切です。脂肪が定着してくれば、バージスラインもくっきりしてくるでしょう。

就寝時はナイトブラを着用する

就寝時のノーブラはNGです。バストの脂肪が流れてバージスラインが広くなってしまうためナイトブラを着用しましょう。

ナイトブラは昼用のブラと違い、寝ている状態でもバストが横や上に流れないように補正してくれます。一方昼用のブラは、立った状態でバストラインが整うように設計されています。それぞれ設計が異なるため使い分けることが大切です。

また一口にナイトブラと言っても、360度バストをホールドしてくれるものやバストラインを形状記憶してくれる設計のもの、姿勢補正効果があるものなどさまざまなナイトブラが発売されています。

バージスラインを狭くしたいなら、脇高設計で横流れをしっかり防いでくれるものを選びましょう。横流れをしっかり防ぎつつ、寄せ集めたお肉を逃さず美乳へと導いてくれるようなナイトブラが理想です。

バストマッサージをする

バストマッサージをするのもおすすめです。ハリのあるバストへと導くことでバージスラインを狭める効果が期待できます。

【バストマッサージ】

  1. バストの周囲をもみほぐす
  2. 脇やお腹のお肉をしっかり胸に流してバストに集める
  3. 両手のひらをバストの上と下にあて、バストの丸みに合わせてさする
  4. バストを下から持ち上げるようにやさしくたたく

バストマッサージをおこなうタイミングは、血流が良くなっているお風呂上がりがおすすめです。マッサージの前に、バストケアクリームを使用するのもよいでしょう。

食生活を見直す

体の内側からのバストケアとして、食生活の見直しも重要です。食事では、バストの成長をサポートするイソフラボンやコラーゲンを積極的に摂取しましょう。

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをし、バストのボリュームアップが期待できます。大豆製品は納豆や味噌など身近にあるため取り入れやすいのではないでしょうか。

バージスラインを整えるにはコラーゲンも効果的です。バストを支えるクーパー靱帯はコラーゲンでできていますし、コラーゲンは肌にハリや弾力をもたらす効果も期待できます。

コラーゲンは豚足や鶏の皮、手羽先などに多く含まれますが、毎日摂取が難しい方はサプリメントで補助するのもおすすめです。

※バストアップに良い食事については、こちらのページで詳しく解説しています。併せてお読みください。
おっぱいの神様ブログ:「バストに良い食事とは」

バストアップエステを受ける

早くバージスラインを狭めて美胸になりたいなら、バストアップサロンを検討してみましょう。

バストアップサロンとは、ハンドマッサージやマシンで豊かなバストを形成したり、バストの形を整えたりするサロンです。各サロンが確立したメソッドで美しいバストへと導きます。

バストの構造を熟知したプロが、マシンや独自の手技で適切にアプローチするため1度でも高い効果が期待できます。また定期的に施術を繰り返すことで効果も定着してくるため、満足度も非常に高いです。

バージスラインを意識した施術で、胸にボリュームを出しつつ形を整えてくれるため、即効性を求める方はぜひ試してみてください。

バージスラインを狭めてボリューミーな美胸を目指そう

バージスラインを狭めてボリューミーな美胸を目指そう

バージスラインを狭くして美しいバストを作るには、次の対策がおすすめです。

  • 大胸筋を鍛える
  • 猫背を改善する
  • 補正力のあるブラを正しく付ける
  • 就寝時はナイトブラを着用する
  • バストマッサージをする
  • 食生活を見直す
  • バストアップエステを受ける

「バージスラインが狭いこと」は理想的な美乳の条件の一つといえます。立体的な美しいバストを手に入れるために、すぐに取り入れられる対策から始めてみましょう。

なお、当店でも感動のビフォーアフターがわかる特別なバストアップ施術をご用意しています。サイズアップはもちろんのこと、下垂ケアや垂れバストケアも得意としておりますので、バストのお悩みがあればお気軽にご相談ください。